出版健康保険組合

出版健康保険組合

各課ダイヤルイン 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
出版健保のご案内

被保険者

出版健康保険組合(健保組合)に加入の事業所(会社)に、勤務している方。また、パートタイマー等の方も、一定の条件を備えていれば被保険者となります。

被保険者資格取得の条件

  1. パートタイマーが、使用される事業所の同種の業務に従事する従業員の労働日数、労働時間のいずれもが4分の3以上あれば、被保険者となります。
  2. 労働日数、労働時間のいずれか一方が4分の3未満の場合は、保険者(健康保険組合)の総合的な判断にもとづき取り扱われます。
  3. 短時間労働者が、以下のすべての要件に該当する場合は被保険者となります。
    ・週の所定労働時間が20時間以上あること。
    ・賃金の月額が8.8 万円(年収106 万円)以上あること。
    ・勤務期間が1年以上見込まれること。
    ・学生ではないこと。
    ・規模501名以上の企業(特定適用事業所)または500人以下で加入について労使合意した企業に勤めていること。

保険証とは?

健保組合に加入した方には、「健康保険被保険者証(保険証)」が交付されます。保険証は、病気やけがをしたときに、病院や診療所等に提示して、保険診療を受けることができる証です。

関連リンク

被保険者に関する手続き

被保険者が退職・死亡したまたは、後期高齢者医療の被保険者になったときは?

5日以内に「被保険者資格喪失届」に保険証を添付して提出してください。

  • ※事業主により届けていただきます。

被保険者の氏名・住所等に変更のあるときは?

「被保険者証記載事項変更(訂正)届」と保険証を会社(事業主)経由で健保組合へ提出してください。
住所変更の場合は、保険証は不要です。

60歳以上で退職する方を継続再雇用するときの手続き

60歳以上の人が退職し、1日の空白もなく同一の事業所に再雇用(退職後継続再雇用)される場合は、被保険者資格の取得と喪失を同時に行う「同日得喪」の特例を適用することができます。

同日得喪により、再雇用された月から新たな標準報酬月額での保険料が徴収されるので、被保険者・事業主ともに保険料の負担が軽減されることとなります。

特例を受けるには、退職日の翌日付の「被保険者資格取得届」と「被保険者資格喪失届」を提出するとともに、就業規則、雇用契約にのっとり退職していることがわかる書類および退職後に新たな雇用契約を結んだことを明らかにできる事業主の証明書等を添付して届け出てください。

例) 9月30日に退職、引き続き嘱託として勤務する場合

なお、同日得喪を行わなかった場合は、随時改定の規定が適用されます。

ページ先頭へ戻る