ホーム » 新着ニュース » データヘルス計画に基づく事業所訪問の実施について

データヘルス計画に基づく事業所訪問の実施について

出版健保では健診データや医療費データを活用した、効果的かつ効率的な保健事業を実施していくデータヘルス計画に取り組んでいます。その一環として、本年度も事業所(事業主)のみなさまと出版健保が協力して加入者の健康づくりを行う「コラボヘルス(協働)」を推進するため、事業所訪問を実施いたします。
この事業所訪問では、「健康経営(※)」をサポートすることを目的とし、当組合の保健師や管理栄養士などが訪問いたします。また、加入者の健診データ・医療費データからみる貴社の傾向をご説明し、具体的な健康づくりの取り組みなどをご案内いたします。ご活用いただきますようお願い申しあげます。


※「健康経営」とは
従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する経営手法です。従業員等の健康増進や労働衛生等への取組にかかる支出をコストではなく、経営的な投資として前向きにとらえることです。
企業が経営理念に基づき、従業員等の健康増進に取り組むことは、従業員の活力向上、生産性の向上をもたらし、業績の向上、企業イメージの向上につながるといわれています。

詳しいご案内およびお申し込みついては、発送文書一覧よりご確認ください。

お問合せ先

事業管理部 事業推進課
TEL 03(3292)5009
MAIL:kikaku@phia.or.jp

大阪支部 総務課
TEL 06(6944)4300
MAIL:kenkou@phia-osaka.jp
すこやかウエブ